03章11節…リンクテーブルを削除した効果/オブジェクトの削除 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

03章11節…リンクテーブルを削除した効果/オブジェクトの削除

03章11節…リンクテーブルを削除した効果/オブジェクトの削除

(01)開いているすべてのオブジェクト(テーブル・クエリ)をすべて閉じてください(保存のメッセージが表示されたら保存する)。続けてリンクテーブル「T受注結果」を削除します。テーブルを削除してもExcelファイル「E商品受注リスト」が削除されるわけではありません。Access側で、Excelファイルが認識・利用できなくなるだけです。

(02)[はい]

(03)テーブルを削除すると、そのテーブルを分析元としていたクエリを実行することができなくなります。分析元リストがAccessに認識されていないことになったからです。

「Q受注-4~7月A」を実行しましょう。

(04)実行できませんでした。OKしましょう。分析元リストを「同じテーブル名」で再リンクすれば実行できるようになります。

(05)分析元となるテーブルを誤って削除してしまうと、それを使っているクエリが実行できなくなります。その場合は同じテーブル名で分析元リストを再認識させる必要があります。もう一度Excelファイル「E商品受注リスト」を「T受注結果」というテーブル名でリンクしてください。そのあと、再度「Q受注-4~7月A」をテスト実行しましょう。

(06)「T受注結果」の再リンクが完了していれば、「Q受注-4~7月A」の再分析も可能になっています。