06章01節…エクセル範囲名をリンク元とする1/範囲名の設定 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

06章01節…エクセル範囲名をリンク元とする1/範囲名の設定

06章01節…エクセル範囲名をリンク元とする1/範囲名の設定

(01)Excelで以下のようなリストをシート「1間取りマスター」に作成しましょう。

作成後は「E不動産管理リスト」というファイル名で保存しましょう(罫線は不要)。

(02)新規シートを追加し、以下のようなリストを作成しましょう。

シート名は「2部屋リスト」とします。

(03)これらのシートはセルA1から作成していない上、リストとは無関係な<表タイトル>などがある状態です。そのままではAccessからリンクテーブルとして認識させることができません。Accessで利用可能にするには、リストの部分だけに「範囲名」を設定する必要があります。まずはシート「1間取りマスター」のリスト部分に設定します。範囲選択して【数式】タブから[名前の定義]をクリックします。

(04)範囲の名前は「N間取りマスター」としOKします。

(05)続けてシート「2部屋リスト」のリスト部分にも範囲名を設定します。

(06)範囲の名前は「N部屋リスト」としOKします。作成後は上書き保存し、Excelは終了しておきます。