06章05節…各グループの平均値 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

06章05節…各グループの平均値

06章05節…各グループの平均値

(01)「Q家賃リスト」内で各[間取り]の平均「実家賃」を集計するクエリを作成します。

クエリではアイテムリストを出したあとに、各アイテムの「平均~」「最高~」「最低~」などの集計結果を出すことができます。[集計]行で集計の種類を指定するのです。「実家賃」の平均を出す際には、セットしてから「平均」を選択します。指定後はクエリを実行しましょう。

(02)「Q家賃リスト」における、[間取り]別の[家賃の平均]が表示されました。ただフィールド名が「実家賃の平均」となっていますので、これを「平均家賃」に修正します。デザインビューに切り替えてください。

(03)平均用のフィールド「実家賃」に別名を設定します。「平均家賃:実家賃」としてください。設定後はクエリを再実行してください。

(04)このように集計(平均など)をしたあとは、フィールド名を読みやすく変えたほうがよいでしょう。さて[最高]家賃や[最安]家賃も出してみます。デザインビューへ移動してください。

(05)「実家賃」をふたつセットします。そしてそれぞれの[集計]行を「最大」「最小」にしてください。

(06)それぞれのフィールド名を「最高家賃」「最安家賃」に変更してからクエリを再実行してください。

(07)このクエリは「Q家賃価格帯」という名前で保存しましょう。