06章09節…オブジェクトのコピー・列数の指定 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

06章09節…オブジェクトのコピー・列数の指定

06章09節…オブジェクトのコピー・列数の指定

(01)「R顧客印刷02」をコピーし、「R顧客印刷03」を作成します。ナビゲーションウィンドウで「R顧客印刷02」を選択し【ホーム】[コピー]をクリックします。

続けて[貼り付け]をクリックすれば複製となります。

(02)複製後のレポート名は「R顧客印刷03」としましょう。

(03)ナビゲーションウィンドウに表示された「R顧客印刷03」をダブルクリックで開きましょう。そうすると「レポートビュー」という状態で開きます。

(04)「レポートビュー」はレポートの状態を印刷しないで画面でチェックするためのモードになります。ここでは「デザインビュー」にしてレイアウトの調整へ進みます。ナビゲーションウィンドウの「R顧客印刷03」を右クリックして「デザインビュー」へ切り替えてください(他の方法で切り替えてもよい)。

(05)現在このレポートの「詳細セクション」は用紙の左半分しか利用していません。

用紙の右側も使用するには【ページ設定】タブの[列]を変更します。クリックします。

(06)[列数]を「2」とすると、用紙の右半分も使用されることになります。左と右との間隔は[列間隔]で指定します。「0.5cm」としましょう。また1つ(1レコード)の横幅を約半分の「8.5cm」、[印刷方向]を「左から右へ」の状態にし、設定後はOKします。

(07)印刷プレビューしましょう。1枚に2列分のレコードを使用できるようになりました。なお拡大して見ると、2件目が左の列2つ目に印字されることがわかります。