07章01節…レポートウィザード – Online無料パソコン教室

07章01節…レポートウィザード

07章01節…レポートウィザード

(01)新しいデータベースファイル「dbf-02-07」を作成してください。その中に別のデータベースファイル「sales_info」にある3つのテーブル「T決済方法マスター」「T販売方法マスター」「T売上明細」をインポートしてください。

(場所:https://www.mytry.jp/2016/sales_info.accdb )

(T決済方法マスター)

(T販売方法マスター)

(T売上明細)

(3500件)

(02)「T売上明細」を元に「販売方法」と「決済方法」を同時表示させるクエリ

「Q売上明細」を作成してください。

(Q売上明細)

(03)「Q売上明細」の「金額」を、日付ごとに集計(合計)させる新しいクエリ「Q日計」を作成してください。「金額」フィールドは「日計」という名前で表示させ、「通貨」書式にします。作成後はすべてのオブジェクトを閉じておきます。

(Q日計)

(04)フォームやレポートを作成するときには「デザインビュー」や「レイアウトビュー」を使って、「単票形式」「表形式」「ページ設定」の指定をしました。ここで学習する「ウィザード」を使うと、ある程度までの設定をしてくれます。ここでは「レポートウィザード」を使って、「Q売上明細」を元にした表形式のレポートを作成します。ウィザードを実行してください。

(05)最初にどのデータシートを元にして、どのフィールドを使うのかを指定します。「Q売上明細」のすべてのフィールドを使う設定をしてください。設定後は次へ進みます。

(06)ここは指定しません。[次へ]。[次へ]。

(07)レイアウトと向きが指定できます。「表形式」「横」を指定します。なお前章で学習した「レポート」ボタンではなく「レポートウィザード」を使って「表形式」のレポートを作るメリットとして[すべてのフィールドを1ページに収める]という機能があります。横2ページ以上にならないよう幅を縮小してくれます。[次へ]進んでください。

(08)作成するレポート名は「R売上明細01」として[完了]しましょう。

(09)以下のようなレポートが簡単に作成できます。[1ページ]ボタンで全体図を確認してください。あとは「デザインビュー」「レイアウトビュー」を使ってデザインを調整すればよいでしょう。

(全体図)