04章03節…コード化・表形式のフォームへ・コンボボックスの設定 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

04章03節…コード化・表形式のフォームへ・コンボボックスの設定

04章03節…コード化・表形式のフォームへ・コンボボックスの設定

(01)「Q売上台帳」へ入力するための表形式のフォーム「F売上台帳01」を作成しましょう。下図は[複数のアイテム]を使って作成しました。

 ([複数のアイテム]より)

(02)「F売上台帳01」を調整します。

[担当者名]は「赤字/タブストップ:いいえ/編集ロック:はい」とします。

テキストボックスの高さは「0.7」とします。

詳細セクション・行の高さは「0.85」とします(単位:cm)。

(03)[担当者CD]をコンボボックスにします。「T担当者マスター」の一覧から選択できるよう設定します。コンボボックス化したあとはタブオーダーを自動調整します。

(04)コンボボックスのセットアップが完了したら、以下のようにレコードを追加しましょう。

(05)「F売上台帳01」は上書き保存して閉じます。続けて「T売上台帳」を開き、入力した値が適切に格納されているかを確認してください。