05章05節…「タブ」を使わずにオブジェクトのウィンドウを重ねる/並べる – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

05章05節…「タブ」を使わずにオブジェクトのウィンドウを重ねる/並べる

05章05節…「タブ」を使わずにオブジェクトのウィンドウを重ねる/並べる

(01)「Fメニュー01」は閉じ、「Qメニュー」を元に単票形式のフォーム「Fメニュー02」を作成してください。[フォーム]ボタンから作成しました。

(02)さらに「Fメニュー01」も開いてみましょう。なお開いているオブジェクトは「タブ」を使って切り替えできますね。しかし複数のオブジェクトを同時表示することはできません。そこで、ウィンドウ形式でオブジェクトを表示できるように設定します。

(03)【ファイル】[オプション]で設定を変更します。

(04)[現在のデータベース]内の[ウィンドウを重ねて表示する]のチェックをオン/OKします。

(05)OK

(06)データベースファイルを最適化してから開きなおしましょう。「Fメニュー01」も開きましたが、場所の移動/サイズの変更が可能です。ここでは右下へ移動させましょう。タイトルバーをドラッグします。

(07)続けて「Fメニュー02」を開いてみましょう。

(08)重なった状態で開きました。最大化も可能です。

「Fメニュー02」の[最大化]ボタンをクリックしてみましょう。

(09)最大化されました。元のサイズに戻しましょう。上部下側のボタンを使います。

(10)複数のオブジェクトを開いている際に、最前面に表示させるウィンドウを指定するならば【ホーム】[ウィンドウの切り替え]を使います。

ここでは「Fメニュー01」を指定して最前面に表示させましょう。

(11)「Fメニュー01」が表示されました。またウィンドウを整列させることもできます。

[ウィンドウの切り替え]から[上下に並べて表示]を選択しましょう。

(12)広いモニターを使用しているならば[ウィンドウを重ねて表示する]が有効に利用できるでしょう。

(13)次へ進む前に【ファイル】[オプション][現在のデータベース]内の[タブ付きドキュメント]のチェックをオンに戻します。

設定後は「最適化」を実行し、フォーム「Fメニュー01」は閉じておきます。