04章09節…昇順におけるRANK.EQ関数 – Online無料パソコン教室

04章09節…昇順におけるRANK.EQ関数

04章09節…昇順におけるRANK.EQ関数

(01)G列には数字の小さい人が1位になるように順位付けをします。G3をアクティブにして[関数の挿入]をクリックし、RANK.EQ関数を選択してください。

(02)[数値][参照]には先ほどと同様のセル・範囲を指定します。続けて[順序]を指定します。数値が小さいレコードが1位になるようにするには「0」以外の値を入力します。

今回は「1」にしてOKしましょう。

(03)G3の計算式をG14までコピーしましょう。[数値が大きいレコードが1位]は「降順」です。降順にするには[順序]を省略するか「0」を指定します。「0以外」の数値を[順位]に使用した場合は「昇順」です。[数値が小さいレコードが1位]となります。ゴルフの結果や陸上競技のタイムなどは昇順です。それではこの章の学習を終了します。確認後はこのファイルを閉じます(必要に応じて保存)。