09章06節…[アウトライン表示]で見出しレベルをすばやく設定する – Online無料パソコン教室

09章06節…[アウトライン表示]で見出しレベルをすばやく設定する

09章06節…[アウトライン表示]で見出しレベルをすばやく設定する

(01)画面表示を[アウトライン表示]にすると、段落に対して「見出し○」をすばやく設定できるようになります。【表示】タブから[アウトライン]を選択してください。

(02)左上の[アウトラインレベル]からカーソルがある段落の見出しレベルを設定できます。「ブロードバンド」の段落にカーソルを合わせて「レベル3」にしてみましょう。

「見出し3」になります。

(03)続けて{↓}キーで「光ファイバー」の段落にカーソルを合わせます。ここは「レベル4」にしますが、先程とは別の方法を用います。[レベル下げ]( )です。これを使うと上の見出し部より1段低いレベルの見出しになります。

(04)「光ファイバー」が「レベル4」になりました。今度は「ADSL」の段落に移動します。上の段落と同じレベルにするには[レベル上げ]()を使ってもよいのですが、キーボードで指示します。{Shift}キーを押しながら{Tab}キーで[レベル上げ]になります。

(05)今度は「ナローバンド」をレベル上げしましょう。

上の段落と同じ「レベル4」になるはずです。

(06)さらにレベル上げしましょう。すでに「レベル4」になっている状態でレベル上げをすると1つ上のレベル・すなわち「レベル3」になります。

(07)「ナローバンド」が「レベル3」になりました。このように[アウトライン表示]にて、{↑}{↓}キーと{Shift}+{Tab}・{Tab}を使えば素早くレベルの設定ができるのです。

(08)「ISDN」以下の文章に対して、下図のようにレベルを設定してください。

レベル設定後は[アウトライン表示]を閉じて[印刷レイアウト]に戻します。