04章05節…単票フォームに「サブフォーム」を埋め込む – Online無料パソコン教室

04章05節…単票フォームに「サブフォーム」を埋め込む

04章05節…単票フォームに「サブフォーム」を埋め込む

(01)「T担当者マスター」を元に単票フォーム「F担当者マスター01」を作成してください。「フォーム」ボタンから作成しています。

(02)[詳細]セクションの高さは「9cm」とします(デザインビューより)。

(03)[詳細]セクションの余白部分に「F売上台帳02」のデータを表示させます。「サブフォーム」という機能を使うと別のフォームの情報を埋め込むことができるのです。

【デザイン】[コントロール/その他]から[サブフォーム/サブレポート]( )をクリックしましょう。

(04)表示させたい部分をドラッグで指定します。

(05)「サブフォームウィザード」の画面で表示するフォームを指定します。

「F売上台帳02」を指定します。

(06)また「F担当者マスター01」に表示される[担当者CD]と同じレコードのみが表示されるようにします。[担当者CDでリンクし、・・・]を指定しましょう。

(07)埋め込む部分もコントロールとして認識されます。

コントロール名を「F売上台帳02-S」として完了します。

(08)「F担当者マスター01」の余白部分に「F売上台帳02」を埋め込んで表示させる準備ができました。

(09)フォームビューで表示させましょう。埋め込み部分/サブフォームには、親のフォーム(=メインフォーム)である「F担当者マスター01」の[担当者CD]と同じレコード(行)しか表示されません。「F担当者マスター01」の他のレコードも見てみましょう。下部の[移動ボタン]を用います。

(10)メインフォームを移動させればサブフォームに表示される行も変わります。