07章04節…後ろのセクションで[前と同じ]を解除する(自動コピーの中止) – Online無料パソコン教室

07章04節…後ろのセクションで[前と同じ]を解除する(自動コピーの中止)

07章04節…後ろのセクションで[前と同じ]を解除する(自動コピーの中止)

(01)もう一度ヘッダーの設置に挑戦します。ヘッダーの編集モードにします。さて、確かにヘッダーは「セクション単位」で設置することができるのですが、そのままセクション1に設置すると自動的にセクション2にも入ってしまいます。この現象は、後ろ側のセクション(セクション2以降)に「前と同じヘッダー/フッター」という設定が標準でなされているためです。

この設定があると、前側のセクションのヘッダーが後ろ側のセクションに自動でコピーされてしまうのです。また後ろのセクションで設置したヘッダーも前のセクションに自動コピーされてしまいます。セクション1で設置するヘッダーが、セクション2に自動コピーされないようにするために、後ろのセクションであるセクション2で「前と同じヘッダー/フッター」を解除します。

セクション2のヘッダーにカーソルを置いて[前と同じヘッダー/フッター]をクリックします。

(02)セクション2のヘッダーで「前と同じ」が解除されました。これで、前のセクションでヘッダーを設置してもセクション2にはコピーされなくなりました。セクション1に戻ります。[前へ]をクリックしてください。現在より1つ前のヘッダーセクションへ移動します。

(03)それではヘッダーセクション1に「28pt・赤字」の「英語」を作成してください。

作成後はヘッダーの編集を終了します。

(04)全体を確認しましょう。今回はセクション1のみにヘッダーが設置されています。このようにセクションにより異なるヘッダーを使う際は「後ろのセクション」で「前と同じ」を解除してから設置する必要があるのです。次へ進む前に[100%]などに戻します。